ゴルフのラウンドで必要な持ち物について

ゴルフのラウンドデビューに向けて、何が必要で何を揃えれば良いのか分からない初心者の方も少なくないです。ゴルフ初心者の方がラウンドデビュー前までに準備しておきたい必要な持ち物について知っておくと役立ちます。

 

ゴルフ場に最低限持って行ったほうがいいもの
  • ゴルフクラブ
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフウェア
  • 帽子
  • ゴルフボール(12個くらい)
  • ゴルフグローブ
  • ティー(ドライバー用、アイアン用)
  • マーカー
  • グリーンフォーク

 

まずはゴルフボールで、テニスや野球など他の球技と違って、たくさん必要になることも考えられます。

 

特にはじめてラウンドする初心者の方は、最低でも1ダース(12個)は持って行くと良いですし、コースによっては20球程度用意した方が良い場合もあります。

 

なぜ、そんなに多くのゴルフポールが必要になるのかというと、ゴルフコースには池・谷・林など様々な障害物があって、そこに打ち込んでしまうことでなくしてしまい(ロストボール)、打ち直しなどで何球も必要になるからです。※

 

OBになってもボールを拾えるのであれば拾って再度使うことができます。ただ、林の中などに思いっきり入ってしまったら探さずに先に進みましょう。遅延行為になり同伴者や後ろの組に迷惑になってしまうので探さずに新しいボールを使うことになります。

 

それから、誤打するとペナルティが付加されるので、自分のゴルフボールに他の人のボールと区別するための印をつけておくことも必要です。これはマジックなどで点をつけたり、それ用のマーカーがゴルフショップなどでも売られています。

 

ゴルフグローブも必要な物のひとつで、雨などで濡れても安心なように複数枚まとめて購入し持って行くと良いです。

 

ゴルフグローブには、革製と人工皮革の2種類があるのですが、初心者の場合は雨に強く耐久性に優れているので人工皮革から試してみるのがおすすめです。

 

ティーグラウンドでショットする際に必要になるのがティーで、60〜70ミリのドライバー用と40ミリ以下のアイアン用の2種類を用意しておくと良いです。折れたりなくしたりすることもありますので最低3本ずつくらい持っておくといいでしょう。

 

それからグリーン上でボールをマークするために必要となるマーカーやグリーンに残ったボールの落下跡を修復するためのグリーンフォークも必要な持ち物になります。

 

マーカーはゴルフ場で無料でもらえることもありますし、グリーンフォークも用意しているゴルフ場があったりしますが、どちらも事前に用意しておきたいところです。

 

トップページへもどる