ゴルフのラウンド中の服装のマナーの注意点

ゴルフはそもそもイギリス発祥の紳士のスポーツということもあって、服装のマナーなど様々な注意点があります。

 

ゴルフの服装マナーとしては、クラブハウス内とラウンド中の2つに大きく分けられます。初めてラウンドする初心者の方は、特にラウンド中の服装マナーの注意点を知っておくと役立ちます。

 

帽子、バイザーについて

服装マナーの注意点として帽子かバイザーをかぶる必要があり、これは頭部の安全を守る・日差しを防ぐ・雨で濡れるのを防ぐなどの目的があります。

 

ゴルフ中の事故として後ろの組や横のホールからボールが飛んできて当たるという事故もありますので、頭を守るために帽子をしっかりかぶりたいところです。

 

帽子に関してはゴルフショップなどでも売っていますので好きなブランドや色を選ぶといいですよ。ちなみにクラブハウス内では帽子を脱ぐのがマナーです。

 

 

シャツ、ズボンについて

シャツは襟付きのポロシャツか襟の高さのあるスポーツシャツを着用して、間違ってもTシャツやタンクトップなどを着用することのないようにすることです。ズボンはスラックスやチノパンなどでジーンズは禁止です。

 

それからスラックスの中にシャツの裾を入れてベルトをする必要がありますし、短パンでラウンドする場合はくるぶしの隠れるソックスを着用する必要があります。

 

 

ゴルフシューズについて

ゴルフシューズはソフトスパイクかスパイクレスで、メタルスパイクというのが以前はあったのですが、禁止のゴルフ場が増えているので注意が必要です。

 

ハーフ(9ホール)終了時とラウンド終了時はクラブハウスに入る前にエアーで靴の裏に残っている芝や泥を飛ばしてから入らなくてはいけません。これはクラブハウス内をきれいに保ったり他のゴルフ場に芝の切れ端を持ち込まないためです。

 

 

まとめ

主なラウンド中の服装マナーの注意点としてはこのような内容ですが、ドレスコードに関してはゴルフ場で違いがあるので、事前に確認するように心がけることも大切です。

 

汗拭き用のタオルはカートなどから持ち出して使用して、間違ってもタオルを首からかけてプレイしないことです。サングラスに関しては、ラウンド中ならかけていても問題ありません。

 

また、こうした服装マナーがあるのは、お互いが気持ち良くラウンドできるようにするためですし、ケガをしないための配慮ということを理解しておくことです。

 

トップページへもどる